有限会社ピースフルケア

  
ここでは、要介護度の申請から、実際に当プランセンターの介護保険サービスを受けるまでのご利用の手続き及び手順についてご説明しています。
介護保険サービスを受けるには、行政機関に申請を行い、「要介護度」の認定を受けなければなりません。
要介護認定を受けたら、利用者は各自でケアマネジャーを選定します。
要介護度には段階があり、それぞれ受けられるサービス内容が法令で決まっています。その段階に応じた介護サービスの計画を作成(ケアプラン)を行うのがケアマネジャーの役割です。
ケアプランが作成されますと、当プランセンターから事業所(寝屋川)へ連絡を行い、ヘルパーの派遣など、実際の介護保険サービスが実施されます。

当プランセンターでは、ケアマネジャー(介護支援専門員)を常駐しており、ご相談受付から要介護申請手続きの代行、ケアプランの作成まで幅広く対応しております。
介護保険サービスの仕組みなど不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。
 
 
要介護の認定は、受けていますか? いいえ こちらの要介護度認定の申請手続きに関する手引きをご覧ください。
 はい
   要介護度認定の申請は、当センターでご相談受付及び、
代行申請が可能です。お気軽にお問い合わせください。
     <予備知識およびご注意>

要介護度の認定には、大別して「要介護」「要支援」があります。前者は介護サービスを、後者は介護予防サービスを受ける事になります。
手順が違いますので、よくご確認ください。

介護認定で「要支援」となっていて、実際にどこに行けば良いか分らない場合は、お気軽に当センターへお問い合わせください。地域包括支援センターについて、ご案内いたします。

「要介護」認定を受けていて、ケアマネジャーの選定で、どこを選べば良いか分らない場合は、役所の担当窓口等に一覧表が備え付けられておりますので、地域などを考慮して選んでください。ピースフルケアにもケアマネジャーが常駐しております。

ケアマネジャーのケアプラン作成には、実際に利用者様の自宅訪問をし、ご本人やご家族の質疑応答などを行います。この時に支援して貰いたいことを、はっきりとお伝えください。ケアマネジャーは利用者の生活様式をはじめ課題や問題点を熟慮し、最適なケアプランを作成します。

実費をご負担戴くことで、介護保険適用外のサービスを行う事ができる場合がございます。
どうしても援助が必要な事由などがございましたら、とりあえずケアマネジャーにご相談ください。

「要介護」認定には有効期限がございます。当初は6ヶ月間で、認定の更新手続きを行う必要があります。ご本人の状況から有効期限は1年または最長2年間有効となるなどの措置も行われることがあります。

階段に手すりを付けたい。玄関にスロープを設置したい。などのご要望は住宅改修で介護保険の適用が受けられる場合がございます。弊社までご相談ください。




こちらにPDFファイルをご用意しております。
 
トップページ介護保険サービス障がい者支援サービスその他のサービスお問い合わせ個人情報保護会社案内
Copyright Peaceful Care Co.,LTD since2003 Allrights Reserved.